記事の詳細


 》》  》》 就活生へ!説得力のある志望動機の作り方!

 

 

就活生へ!志望動機作成の最重要ポイント!

志望動機

 

志望動機の最重要ポイントは一体何でしょうか?

テクニック的な事など色々ありますが、今回は根本的に外してはいけない

ポイントについて解説させて頂きます。

志望動機が就活のコアだと考える元・人材紹介会社代表のJです。

超簡単3分!志望動機の書き方真っ白な志望動機!も参照にしてください。

 

 

会社の方向性 と あなたの目標 を一致させることです。

 

 

そしてあなたの目標に説得性を持たせるには体験談を含めることです。

あなたの志望動機を会社にあわせるのでなく、「あなたがまず何をやりたいのか?」を明確に

する事が非常に重要になります。ですので企業選び自体も「あなたの目標をその会社で叶える

事ができるのか?」この基準で選びます。福利厚生・給与・企業知名度は関係ありません。

この基準で選んだ企業の志望動機は明確な志望動機を伝える事ができます。

何故ならあなたの企業選びの基準が明確だからです。理想の志望動機は、

 

 

志望動機=企業選びの基準 を同一にすることです!

 

 

 

「面接で志望動機は」という質問をされた後に、「就活の企業選びの基準は」と聞かれた事は

ありませんか?これは実はひっかけになっています。

この2つが同一の回答でないと論理性がおかしい事になります。

ですので企業選びの基準を明確にすることが重要になるのです。

 

 

企業を選ぶ基準は、

最優先事項1:あなたの目標をその企業で達成できる可能性があるのか?

最優先事項2:企業の方向性 と あなたの目標が一致しているか?

※補助項目:給与、福利厚生、休日日数、企業知名度

 

 

で企業を探す事をおすすめします。

就活生に人事から求められるのは「やる気!」だけと言っても過言ではありません。

「やる気」がある人が休日・給与は気にしません。

それより「どんな業務・仕事をさせてもらえるか?」これに興味があります。

ですので、給与、福利厚生、休日、残業、企業の知名度に興味がある人ではなくて、

「どんな業務をさせてもらえるか?」にフォーカスしている人は内定がドンドンでます。

 

 

とは言っても・・・やっぱり給与・休日にこだわりたい人へ

志望動機1

 

冷静に自分の能力を分析出来る方は就活でも高い評価を得られます。

人は誰しも、世間の評価より自分の評価を高く見積もる傾向にあります。

ですので、「自分が何をできるか?」より「自分の希望だけを押し通す。」

そのギャップが内定を遠ざけます。高い給与、休日が多い会社は誰しも行きたい会社なので

人気企業の採用側としては「この人は会社に貢献出来る人材か?」「何ができる人なのか?」

で選考します。「あなたはどんな能力がありますか?」

 

就活まじめ
けど、どうしても本音は給与・休日が優遇されている会社を選びたい・・・

 

Mr.面接部長

これは誰しもそう思うものなので、まじめ君も例外じゃないよね。

ただ、実際に内定が5,6つでる人達の考え方は、若い時は経験・成長

させてもらえる環境であれば、待遇は気にしていないんだよ。

就活まじめ
どうして優秀な人は、仕事内容を優先的に考える事ができるの?

 

Mr.面接部長

彼らは世の中の「前提条件」を理解しているからなんだよ!

 

 

内定が出る人はどうして、給与・労働条件より仕事内容を優先すると本気で考えられるのか?

世の中の前提条件
1. 求職者は誰しも高い給与、好条件で働きたい
2. 採用側は優秀な人材を採用したい

この条件の中で、能力がない人が高い給与・休日が多い企業で働ける事はあるでしょうか?
この点をしっかり割り切っています。しかしあなたが数年後に結果・成果をあげて優秀な
人材になったのに
低い給与・休日が少ない企業にしか転職できないということも
あり得ません。  → 
内定がでる人はこの点を良く踏まえています。

 

 自分のやりたい事の目標を決める!

目標に走る

 

確かに自分のやりたい事が明確になり、その基準で企業選びをすれば説得力のある志望動機を

伝えることはできます。これは理解してもらえますが、良く質問されるのが・・・

 

そもそも仕事でやりたい目標・夢がありません!  自分が何をしたいのかわかりません!

 

「自分が一体何をしたいのか?」これは正直難しい質問ですし、答えられる人は少ないです。

1000人以上の方とキャリアカウンセリングしましたが、明確に答えられた人は

1%(10人)以下でした。ですので答えられないのは問題ありません。

明確な目標でなくて大丈夫です。漠然とした感じでもOKです!

まずは漠然とした形でもやりたい仕事をイメージしましょう。

 

 icon-adjust STEP.1   目標を決める (ぼんやりしててもOK)

 

人の役に立ちたい!

社会に貢献したい!

コミュニケーション力を活かしたい!

自己成長したい!

お金を稼ぎたい!

上記のようなぼんやりとしたものでも良いですが、指針を持つ事は重要です。

 

 icon-adjust STEP.2  それに関連した体験談を考える

 

 icon-adjust STEP.3  面接や模擬面接で何度も口にだすことによって、本当にやりたい事が見えてきます。

※何度も何度も口にだしてみてください。口に出せば出す程あなたの小石は磨かれていき輝きだします。
※特に最初はぼんやりしているので、口に出す事に抵抗があると思いますが、練習&練習だけになります。

 

 icon-adjust STEP.4 HP・インターネットなどでその会社の方向性を読み取る

 

 

 

 

 

小石をダイヤモンドになるまで磨き続ける!

 

志望動機のダイヤモンド

 

①とりあえず道端の小石を拾ってみる。

 

人の役に立ちたい!

社会に貢献したい!

そのようなありふれた物(道端の小石程度)を自分の目標にしてみてください。

これは非常に一般的にすぎて、どこの企業の志望動機にでも通用します。

属にいうNG志望動機でもあります。

要はこの段階では何処にでも落ちている小石になります。

 

 

②この小石にデザインをつけましょう!

 

具体的には「業界・職種・商品に関連した体験談を加える」のです。

 

私は「保険を広げる事によって社会に貢献できる」と思っているからです。
実は、父親が癌になり莫大な医療費が掛かりました。ですが癌保険に加入していたお陰で
その医療費を支払うことができました。だからこそ一人でも多くの方にその情報を
伝えたいと思う様になりました。そして御社の理念の・・・に共感して
正に自分のやりたい事と一致していると思い御社を志望しました。

 

ここまで深い体験でなくても勿論大丈夫です。ちょっとした体験でもあなたが感じた体験談を

話してもらいたいのです。その体験・感じた事はあなたにしか感じれなかった事なので、

ちょっとした体験談だとしても卑下せずに堂々と伝えて下さい。

 

③小石を磨く!ひたすら磨く

 

作成した志望動機を何度も何度も口にだしてください。

人前で言えば言う程、あなたの志望動機に磨きがかかっていきます。

最初は小石でも磨けば磨く程ドンドン光り輝いてきます!そして光輝いた時に面接で活用して

みてください。評価されてみてください!

面接を通してあなたが本当にやりたいことが見つかってくると思います!

自分が何を仕事を通してやりたいのか発見できた人はこれほどの幸せはないのではないでしょうか?

 

最近、情熱大陸というTV番組でMIWAさんというシンガーソングライターの方が特集されていまして

慶応大学を卒業して、シンガーソングライターという職業に就職した方ですが、彼女曰く

「私には才能がないので、石ころのようなアイディアを磨いて・磨いて・磨いて

 一生懸命磨いてから、世の中に曲をだしています。」

そして彼女の曲はオリコンチャートで上位にヒットされています。

就活生にとっても勇気づけられる動画だと思いますのでご紹介します。

 

 

 

 

 

 


 》》  》》 就活生へ!説得力のある志望動機の作り方!

 

 

■おすすめ記事
 

志望動機 まとめ

超簡単3分!志望動機の書き方(例文付き)

真っ白な就活の志望動機!(スラスラ書けるコツ)

就活生へ!説得力のある志望動機の作り方!

 

よかったらシェアしてね☆

 

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

FBは更新情報が届く!

フェイスブックは更にこんな記事も掲載中!



就活にも答えがある



ページ上部へ戻る