記事の詳細

トップ 》》 2016・2017就活スケジュール 》》 長期インターンが面接の一発KOパンチとなる!

 

長期インターンが面接の一発KOパンチ!

長期インターン一発KO

 

あなたの最大の売りは何ですか?

就活時で人気企業の高倍率からあなたは内定をとれる強みはあるだろうか?

ちなみに大手メーカーの明治の事務職の倍率は11000人の応募に対して内定者は

たったの4名!倍率は2750倍にもなる(就職四季報2016年版による)

芸能人の並の選考? と思いたくなるかもしれない。

こんにちは!元・人材紹介の事業部長のJです。

 

勿論そこまででないにしろ、有名どころの倍率は200〜500倍ぐらいの倍率がある。

500倍なら500人中1名の内定者となる。

あなたは499人の就活生よりあなたが優れているとアピールできる自己PRはあるだろうか?

人気企業になれば学歴からしても東大・京大・一橋など超名門大学卒の就活生も含まれる事になる。

そんな中でサークルの体験談・あなたの長所で太刀打ちできるだろうか?

それでは最高の自己PRは何か ?

それは何だろうか ?  

・・・

 

 

あなたが即戦力だと証明出来る事です。

 

・私は営業で月に1000万円以上の売上げを達成することができました!

・ウェブ広告費1000万円を任されて、3倍の費用対効果をあげることができました!

 

こんな事がアピールできたなら、「他の学生と違う!即戦力になる!」と思われないだろうか。

そのぐらい強力な自己PRあれば一目おかれることだろう。

しかし、そうは言っても・・・

 

「学生だから・・・それは無理!」

「アルバイトは所詮責任ある業務を任せてもらえないし・・・」

 

と考えてないだろうか?

実はそんな経験ができるのが「長期インターンになる。」

もしあなたがインターン先で強烈な実績を残すことができれば、

面接で一発KOパンチを手にいれたも同然となる!

 

長期インターン1

 

長期インターンの特徴

 


・週に2日程度働く (8時間ぐらい)

・給与がでたりもする。(時給1000円とか)
・普通の社員のように大きなプロジェクトを任せてもらえるたりする。(特にベンチャー企業)
・社員からフィードバックがくるので、ビジネスマインドも身に付く(就活で断然有利)
・実績を残せば、就活で強力な自己PRが伝えられる。(一発KOパンチ)
・社員のように働くことによって、自分が何をしたいのか?具体的に見えてきやすい。

 

長期のインターンの目的

 

 長期インターンはあくまでも給与目的でなく、社会人として経験させてもらうことに

 価値をあなたがおけるかどうか?

 長期インターンは給与なし、交通費だけという所もある。それでもそこで貴重な体験をさせて

 もらうなら是非インターンさせてもらうことをおすすめする!

 将来的に就業先次第で生涯賃金はどのくらい変わるかご存知だろうか?

 

大企業の平均月収:38.1万円 これで38年間働いたとして(22歳〜60歳)1億7373万円
中企業の平均月収:31.2万円 38年で1億4227万円   3000万円の格差
小企業の平均月収:28.5万円  38年で1億2996万円   4300万円の格差
(2015年厚生労働省「賃金構造基本統計調査」より)


 これにボーナスによって更に変動する。月収ベースだけで考えても

 大企業と比べて3000万円、4300万円の格差がうまれる。

 3000〜4000万円の宝くじが1回当たるぐらいの格差とはすごくないだろうか?

 それを見据えればあなたが無給でインターンとして働かせてもらって経験させてもらうことは

 大きなリターンの見込める投資になるのではないだろうか?

 

長期インターンで何をすれば良いか?


 会社・売上げに貢献する為に何をすべきか考える?

 例えば仕事をするとルーティングワーク(日々やる業務)が与えられます。

 言われた事だけをやるのでなく、+αを考えるのです。

 例えば数字の集計業務を依頼された場合

 エクセルの関数などを使って2時間ぐらいかかる業務を1時間50分に短縮できたとします。

 たった10分の短縮でも毎日やる業務だとすると

 10分×22日分=1ヶ月で220分の短縮になります。

 220分/月×12ヶ月=年間で2640分(44時間)の短縮をすることに成功しました!

 とアピールできる事になります。

 その業務を10人で分担していたとすれば、マニュアル化して浸透させれば10倍の結果になります。

 44時間 × 10人  = 440時間

 長期インターン時に年間で440時間の業務効率に成功しました!

 と自己PRで言えれば、人事も興味をもつのは自然な事じゃないだろうか?

 ですので、インターンでは積極的に「会社の為になるにはどうすれば良いか?」を考えながら

 仕事に取り組んでみて下さい。

 

 

どんな長期インターン先を選ぶべきか?

 

ベンチャー企業

大きな仕事を任せてもらえる傾向にある為、あなたのやる気・発想次第で
活躍できる場を提供してもらえる可能性があります。

 

ノウハウがしっかりある会社

既に実績がある企業であれば、その業界の仕事の仕方・ノウハウを学ぶ事ができます。
あなた自身もプロレベルの仕事ができるようになれる可能性があります。

 

大手企業

大手企業の場合、そこまで責任ある仕事を任せてもらえないかもしれません。勿論企業に

よります。しかし、一緒に仕事をすることによって内定に直結する可能性が高まります。

 

 

 

 

 

 

トップ 》》 2016・2017就活スケジュール 》》 長期インターンが面接の一発KOパンチとなる!

 

 

 

■おすすめ記事

 

就活 2017準備すべき6つのステップ

就活面接テクニック まとめ

就活で資格が有利か?

 

よかったらシェアしてね☆

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

FBは更新情報が届く!

フェイスブックは更にこんな記事も掲載中!



就活にも答えがある



ページ上部へ戻る