記事の詳細


 》》  》》 面接 就活で「第一印象を飛躍的にあげる3つの方法」

 

面接 就活で、第一印象を飛躍的にあげる3つの方法

就活の面接で第一印象を飛躍的に上げる!

第一印象が良くなれば人間関係・仕事・交渉事など、役に立つ事は多いのではないでしょうか?

今回は特に就活の面接というシーンを通して第一印象をあげる3つの方法をご説明致します。

第一印象は2-3秒で決まってしまいますが、その印象は2時間は続くと言われています。

元・人材紹介会社の事業責任者です。

 

 

目次

1、外見 第一印象は見た目で勝負

1-1 スーツが面接の第一印象をあげる
1-2 ネクタイを使って印象を良くした事例

2、面接で話す内容は7%しか伝わっていない

3、笑顔が第一印象のキーワード!笑顔がポイント!

4、まとめ 面接 就活の第一印象を上げる3つのコツ

 

 

面接は第一印象が勝負!

 

 

 

 
 

 

 
 

 

 

 
 

 

 
 

 

 

外見 第一印象は見た目で勝負

やっぱり外見は重要です。

要は良いイメージを与えれば良いので、あなたを引き立たせるにはどうすればよいのか考え

ましょう。第一印象はパッと見た感じの印象になりますので、あなたが引き立つ髪型・髪の長さ・

似合うメガネなどに意識を払いましょう。ですので即効性のあるものとしては スーツです。

 

1-1   スーツが面接の第一印象をあげる

 

第一印象に適した業界別の適切なスーツ

出典 AOKIマガジン https://www.aoki-style.com/static/recruit/magazine/pc/style/s_05/index.html

 

あなたを引き立たせるスーツで かつ周りと調和の取れるスーツがおすすめです。

企業によって社風があるので、その企業にあわせる必要はあります。

ただおすすめなのが、あなたを引き立たせるスーツでかつ周りと調和の取れるスーツになります。

要はある程度値段のするスーツがおすすめです。

地味な格好が無難だと言っても、自分を引き立たせられないスーツは第一印象で

損をしてしまいます。

金融系・古いメーカーなどは地味な感じのスーツ方が受けが良いと思います。

IT企業・アパレルなどは引き立たせるスーツの方が受けが良いと思います。

業界によって適したスーツというものがあります。

説明会時に社員・人事のスーツをみてそれに適合させてみてください。

逆を言うと地味なスーツの受けが良い業界は、日本の古い体質・空気感・周りと調和する事を得意と

している人材の方が入社後馴染みやすいと思います。率先して創意工夫・効率化・チャレンジ精神の

ある方は逆に向かない傾向があるように感じます。そのような方は引き立たせるスーツが似合う業界

に行かれた方が入社後もたのしく仕事ができることでしょう。

良い・悪いはなく自分に適しているか・適していないか?そこを就職活動で見極める事が入社後

たのしく仕事に取り組めます。 内定がでる・でない? 〈 自分に適しているか・いないか?

それが最高の1社を見つけるコツになります。

 

 

1-2 面接 就活でネクタイを使って印象を良くした事例

たとえば、金融志望の学生は、みずほ系の会社に行くときは青系のネクタイを、三菱UFJ系に行くときは赤系のネクタイを締めました。会社 のコーポレートカラーに合わせたのです。この学生は金融関係に内定を取りました。ネクタイの色がどの程度関係したのかはわかりません。しかし、みずほ系の 金融機関へ行ったときにネクタイの色を褒められたそうです。

出典 東洋経済オンライン http://toyokeizai.net/articles/-/51623?page=2

 

これはネクタイを青にしたからみずほ系から内定がでたのでなく、そこまで意識をはらえる人材なの

で内定がでていると思われます。こういう人材は仕事でも「クライアントがどうすれば喜ぶか?」

そういう発想を持ち合わせています。それを前提に入れて、ネクタイ選びを真似してみましょう。

 

 

面接で話す内容は7%しか伝わっていない!

 

これはみなさん「意外でした!」と言われて、知らない方が多いですが

言葉は実は7%しか伝わっていません。

コミュニケーションは言葉が90%以上と思っている方も多いと思います。

ただ、実は言葉は7%しか伝わっていません。

就活まじめ
就活本の自己PRを丸暗記したぜ!これで次の面接こそ☆

Mr.人事部長
だからまじめ君は、100社も落ちるんだよ!

就活まじめ
えっ・・・???
ふみちゃん
まじめくん ファイト!

 

就活生まじめくんふみちゃん

 

 

アメリカの心理学者メラビアン氏によると

・視覚(ビジュアル)  55%
・聴覚(声のトーン)    38%
・言葉(話す内容)  7%

 

面接・コミュニケーションでは何が伝わっているか?

話し方(見た目や声のトーン)が93%を占めています。

おもしろい人は、言葉より空気感・話し方で笑ってしまいませんか?

たいしておもしろくないんだけど、彼が話すと「何故か笑ってしまう」

なので面接では話し方・空気感が大切になるのです。

ですから面接スキルをあげるには、話す内容ではなく、話し方なんです!

面接力を一気に2倍にする3つの方法

 

 

笑顔が第一印象のキーワード!笑顔がポイント!

 

「初対面の好感度が高いのは、どんな人ですか?」。今回マイナビウーマンが会員のみんな
に調査したところ、70%近くの人が「笑顔が多い人」と回答していました。

出典 マイナビウーマン http://woman.mynavi.jp/article/130416/

 

 

面接のスタートは必ず笑顔を心掛けましょう。

まず目があった瞬間に笑顔で「初めまして、どうぞ宜しくお願いします」

この瞬間が一番大切です。まさに第一印象が決まる瞬間です。

笑顔が大切ですがつくり笑顔ではなくて心からあなたが笑うことです。

つまりあなたが面接をたのしむ必要があります。

内定を必ずとらなければいけない・結果をださなければいけないと

思えば思う程、引きつった笑顔になるでしょう。

結果をもとめられる時こそ、 たのしめるかどうか?  が大切になります。

社会人になった後でも結果を求められるシーンは多くなります。

そんな時に「どうたのしめるか?」「そのプレッシャーの中で、たのしめるか?」

これが重要になります。人事はそんなシーンもイメージしながら就活生を

見極めています。あなたの最高の笑顔で面接に望んで下さい!

 

 

 

まとめ  第一印象をあげる3つのコツ

 

・髪型・スーツ・ネクタイなどの外見をよくする

・話す内容より話し方、声のトーンを大切にする

・笑顔( 面接を心からたのしむ事 )

 

 

 

 

 

 


 》》  》》 面接 就活で「第一印象を飛躍的にあげる3つの方法」

 

 

 

 

■おすすめ記事
 

就活面接テクニック まとめ

就活 面接の90%は最初の5分で決まっている!

面接 就活で「第一印象を飛躍的にあげる3つの方法」

あなたの就職 面接力を一気に2倍にする3つの方法

 

よかったらシェアしてね☆

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

FBは更新情報が届く!

フェイスブックは更にこんな記事も掲載中!



就活にも答えがある



ページ上部へ戻る